プロフィール

ヨシトミ製作所

Author:ヨシトミ製作所
本業の片手間に、趣味の範囲でやっているコスプレアイテム・撮影用武器小物のオーダーメイドショップ ヨシトミ製作所のブログです。
武器・小物などなど、コスプレに関する事なら何でもご相談ください。
製作に関するお問い合わせやご相談など、お気軽にどんどんコメントください。

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア




ヨシトミ製作所の正規HP ※現在作成中のため未稼働
山口県を拠点とするモデラー集団
”YMO”のHP


模型誌のライターもされてらっしゃる”をたるさん”のHP ブログもございます。


九州山口モデラーズミーティング


「空の日」でおなじみMFUのHP


CP戦士ぶちエージャー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヨシトミ製作所ブログ QRコード

QR

ブログ内検索

FC2カウンター



(c) ヨシトミ製作所
design by Echizen
photo by mizutama




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎度お世話になりますヨシトミ製作所です。

何気にこれが今年初めての更新になります。
でも気がつけばもう3月ですよ!
日々慌ただしく過ごしているせいで時間が経つのが本当にとても早いです。
今年はもっと更新を頻繁にすると決意したばかりなのにさっそく出遅れてしまいました・・ 反省です。

最近は比較的安定して製作活動できる状況にあるので、
ご依頼品を中心にハイペースで製作活動を薦めております。
もちろん、たまに息抜きに趣味の作品も製作していますけどね


全然関係ない話ですが、最近ちょっと健康ヘルス器具にはまっていまして
健康ヘルス器具といっても数十万もする高級なマッサージ器とかじゃなく、ネットでちょっと評判のよさそうなお手頃な物を物色しては購入して試しています。
昔から偏頭痛と、疲労が溜まると目の奥が痛くなるという症状を抱えているのですが
目元を温熱とバイブレーションでマッサージしてくれるアイマスクと首もみマッサージャーのおかげでこのところすっかり調子も良く、おかげで製作活動がはかどります。

しかし健康器具に頼らねば健康を維持できないとは・・情けない話ですね。



そんなどうでもいい話はさておき、さっそく作品紹介に移りたいと思います。


今期一番の問題作アニメ「キルラキル」より
主人公 纏流子が持ってる武器 「片太刀バサミ」 のご紹介です。

片太刀バサミ

まぁ何というか・・非常に挑戦的なアニメといいましょうか
好きな人は好き・苦手な人は苦手と、きっぱり別れるアニメでしょうね。
ただ、そういう尖ったアニメはコスプレの需要も多いもので割とお問い合わせが多い作品です。

kill_13s.jpg


材質は主にFRPですが、正確には発泡ウレタンやパテ等、複数の材質をFRPで組み合わせたコンポジットFRPで成形しています。 また、複数のマテリアルを組み合わせることでより強度が増します。
木やボード製とは一味違う質感を感じて戴けると思います。
サイズは当然オーナー様の体型に合わせて調整致しますが、試作品のサイズは全長が約123cm
基本的にはこれをベースに、中間の長さ等を調整して設定します。

ちなみに重量は女性が人差し指一本で持てる程度です。

kill_8s.jpg

この片太刀バサミですが、既にネットでは安価な業者製もたくさん見かけますが、刃が平面の物が多いですね。
確かにハサミとして考えると平面が正解なんでしょうけど・・・
片太刀バサミは両刃で尚且つ刃の逆ソリが強烈なインパクトを出すポイントとなりますので、そこは必ず押さえておきたいポイントですね。
両刃にするだけで作業は数倍めんどくさくなりますが・・


塗装は当方お馴染み、自動車用高級ウレタン塗料で塗装しています。
色は本業で使用して残ったスバルの車のワインレッド系2コートメタリックがちょうどイメージに合っていたので、
それに干渉のブルーパールと、もう少し赤味を足して調色しました。
(干渉パールとは 光がある物質において反射するとき、反射光に位相差が生じ、特定の波長が強められたり弱められたりする現象 シャボン玉とかもそうですね)

アニメっぽくするには単色の赤の方が賢明かもしれませんが
現実にこのサイズの剣を単色の赤で塗ると非常にオモチャっぽくなるのと、
両刃の剣の場合メタリック等の光輝剤が入った色のほうが陰影がくっきり現れるので、写真に撮った際写りがグッと良くなるのでこちらを採用しました。

kill_9s.jpg

グリップ部。
デザイン的にグリップ部分はかなり細くなるので強度的で多少心配ですが、
FRPを積層する際に、樹脂にガラスパウダーとガラスチップを多めに混ぜて積層しているのでかなりの強度があります。
細くても十分な強度が保てるのはFRP製の利点です。 
このような重要性の高い部分も当方は必ず大きくわかりやすい画像をアップします。
綺麗に大きく撮ろうと思えばいくらでもできるのに、あえて小さくわかりにくい画像やロゴが大きく入った画像しかない物は注意した方がいいですね。

ちなみに強度実験を兼ねて知り合いのレイヤーさんに実際にイベントで使って戴きましたが
強度面は全く問題ありませんでした。

kill_12s.jpg



                               ■お知らせ■

最近せっかく戴いたお問い合わせに返信用のメールアドレスが記載されていなものが多々あります。
お問い合わせへの返答は全てメールにてお答えさせて戴いておりますので、お問い合わせの際にはメールアドレスをご確認の上お願い致します。

また、製作手法のみのご質問や、単に安価な物をお探しの方からのご質問等には当方では対応しかねますのでご遠慮戴きますようお願い致します。

スポンサーサイト

comment

ブログ管理人のみ
*412 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 04.06.2014 08:00
*423 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 06.17.2014 23:23
*424 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 06.17.2014 23:35
*439 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 08.19.2014 22:39
*464 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
- 01.25.2016 00:37
*471 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 10.11.2016 16:46

trackback

trackback_url

http://yositomi.blog60.fc2.com/tb.php/89-36ef89d4
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。