プロフィール

ヨシトミ製作所

Author:ヨシトミ製作所
本業の片手間に、趣味の範囲でやっているコスプレアイテム・撮影用武器小物のオーダーメイドショップ ヨシトミ製作所のブログです。
武器・小物などなど、コスプレに関する事なら何でもご相談ください。
製作に関するお問い合わせやご相談など、お気軽にどんどんコメントください。

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア




ヨシトミ製作所の正規HP ※現在作成中のため未稼働
山口県を拠点とするモデラー集団
”YMO”のHP


模型誌のライターもされてらっしゃる”をたるさん”のHP ブログもございます。


九州山口モデラーズミーティング


「空の日」でおなじみMFUのHP


CP戦士ぶちエージャー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヨシトミ製作所ブログ QRコード

QR

ブログ内検索

FC2カウンター



(c) ヨシトミ製作所
design by Echizen
photo by mizutama




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰しておりますヨシトミ製作所です。 
本当に非常にお久しぶりの更新となります!!
いつもご覧戴いてくださる皆様やご依頼戴いております皆様、オーナーの皆様におきましては大変ご心配をお掛けしております。

放置状態が長く続いてしまい、既に活動をやめていると思われるかもしれませんが、
活動自体は細々と続けております。

あまりに久しぶり過ぎて操作方法を忘れてしまい、誤って一つ前の記事を消してしまいました・・・
この記事を書くのにも随分時間がかかってしまいました。 ダメですね。

全く更新をしていない、事実上停止状態の当ブログですが、それでもなおご来訪戴く方が後を絶たず、
また、大変嬉しい事にお問い合わせや暖かいメッセージも今なお沢山戴いておりまして
嬉しい気持ちと共に放置している状況に対し大変申し訳ない思いで一杯です。
本当にありがとうございます。


さて、私生活の忙しさにかまけて事実上の停止状態が続いておりますが、
その間製作活動を全くしていなかったわけではございません。
腕がなまらない程度の趣味の物作りや、長くお待たせしているご依頼品の製作等、非常にマイペースではございますが製作活動は地道に続けております
活動自体をやめたわけではございませんのでご安心ください。
また、皆様から戴いておりますお問い合わせも必ず全てチェックさせて戴いております。

ご返信が遅くなる場合もございますが、戴いたお問い合わせには必要に応じてご回答をさせて戴いております。
ただ、残念なことにお問い合わせの中には詳細が記載されていない場合やご返信アドレスが記載されてない・アドレスが間違っている場合も多くございます。
せっかく戴いたお問い合わせにメッセージが送れないという残念な事が度々ございますので、
お問い合わせ戴く際にはご確認の上よろしくお願い致します。


現在の状況としましては以前よりは若干余裕ができてきたとはいえ、製作活動に費やせる時間は相変わらず非常に限られております。
当方の製作活動はあくまで「趣味」の範囲ですので、食べて行くにはやはり本業が何より最優先。一番大事です・・ 
こればかりは生活のため、しかたがないですね^^;

以前からもそうでしたが、そんな限られた時間をできる限り有効的に活用したいので、最近では特に、
当方の作品を本当に必要としてくださってる方のためにのみ製作活動をしたいと、より一層強く思うようになりました。

もちろん、戴いたお問い合わせの多くは当方の作品を必要としてくださるものが大半ですが、
最近戴くお問い合わせの内容には、単に安価な物をお求めであったり、納期を極端に急ぐものであったりと
ネット通販でコスプレアイテムも安く早く手に入る時代に、あえて当方のような価格も時間もかかるオーダーメイド作品を選ぶ必要はないのではないか~と思うお問い合わせも多々ございます。

なので時間的にも精神的にも余裕の無い現在、本来このような事はよくないとは存じますが、戴いたお問い合わせの内容を吟味させて戴き、当方の作品を必要としてくださっていると判断した内容にのみご返信をさせて戴いております。
このような対応は誠に勝手で失礼とは存じますが、これからもできる限りクオリティの高い作品を提供していきたいので、理解のほどよろしくお願い致します。




さてさて、 近況・・というよりも言い訳ですね
相変わらず更新が滞っている言い訳ばかりでうんざりされるかと存じますが
なにはともあれ、百聞は一見にしかず。 
健在ぶりをアピールするには作例を見て戴くのが一番手っ取り早いですね。


せっかくですのでしばらく更新していなかった分、久しぶりにまとめて幾つかの作品をアップさせて戴きます。


当然ですが、当方はネット業者によくありがちな細部がわからない小さい画像や、
画像にロゴを入れて見にくく誤魔化すようなことは致しません。
良いも悪いも細部までしっかり見える画像でお伝えするのが当方のポリシーです。 
質感や塗膜、肉厚感をご覧ください。
もちろんそれと同時に悪い箇所も見えるかもしれませんが・・
そこはご愛敬ということでゆるしてください^^;



それではまず 個人的にもハマッていたアニメ「ソードアートオンライン」より
主人公キリトくんの黒い剣・アスナの剣・初期型ナーヴギアをまとめてご紹介致します。
いずれも試作品の画像ですので恥ずかしいですが細部の粗はございます。ご了承ください。


まず最初は主人公キリトの剣(名前を忘れました・・)です。

キリト

主な材質はFRPですが、複数の材質で成形したコンポジットFPR(CFRP)で製作しています。
塗装は当方のお馴染み、自動車用高級ウレタン塗料で塗装しています。一部艶消し塗装です。
形状はアニメの映像を参考に、細部は想像で剣としての機能を損なわないよう辻褄を合わせて設計しました。

kirito_11s.jpg

このような刀身が大きい剣で注意すべき点は、木やウレタンボード等の安価な材質で組み合わせて作る方法だと、強度不足で横に構えた時刀身が自重で曲がってしまう物が多いです。
通常業者でこの辺を明確に記載している物はおそらくないと思います。
当方の場合複数の材質をFRPで補強したコンポジットFRPで製作しているので、ご覧の通り真横に構えても刀身はピンと真っ直ぐです。
些細なことですが、これだけで撮影できるポージングが限られてきますね。

kirito_12s.jpg

kirito_4s.jpg



続いて「ソードアートオンライン」ヒロイン・アスナの剣(同じく名前を忘れました)
 
アスナ剣
 
こちらも材質はCFRPになりますが、当方では珍しくグリップ部は木を加工して成形しています。
加工のしやすさとFRPとの相性の良さで木を使用しましたが、木といっても表面をウレタン樹脂でコーティングしているのでご覧の通り木の質感は全く感じません。

b_46s.jpg

この剣の場合、善し悪しを決めるのは塗装と言っても過言ではありません。
小さな装飾にこだわるよりも全体を引き締める塗装と美しいバランスを重点に作るのが当方の特徴です。
白い部分は特別に調色したパールホワイト、グリーンの部分はホワイトのカラーベースの上にグリーンパール
最後にクリアコートを施す「3コートパール」手法で塗装しています。

b_52s.jpg

少量のゴールドパールを配合しているので、光の加減でほんのりと黄味を帯びた不思議な色に反射します。
特に気をつける点は女性用ということで刀身を細く、且つ強度を保つことですね
こちらも細部は想像で設計しています

b_40s.jpg

このタイプの細身の剣はサイズがとても大切です。
持ち主の体型に合っていないととても残念なことになります。

作る方からしてみれば大きい方が見栄えもするし、こだわって作る箇所はついオーバーサイズになりがちなのですが、
アニメの等身で作ろうと思うと想像より一回り小さいくらいをイメージして作ったくらいがちょうど良いですね。
こちらは試作品になりますので身長165cmくらいをイメージして製作しています。



ソードアートオンラインシリーズ 最後はご存じ 「初期型ナーヴギア 」
電子レンジ機能で脳を溶かしちゃうアレです。

b_67s.jpg

実はソードアートオンラインの中で、一番個人的に作りたかった物です。
材質はFRPで、細部はパテ等で成型しています。 もちろん実際に装着可能です。

b_71s.jpg

構造は不明ですが、一応オンラインゲームハードなのでUSB(巻き取り式)と電源コードを付けました。
電源とネットワーク接続LEDランプは裏のスイッチでON・OFFできます。

b_72s.jpg

作り物だって事はわかってるんです・・ わかってるんですが!
何かかぶるのが怖いです。。

b_76s.jpg

細かい設定は不明なので、当然細部は想像で設計しています。
そのへんは作ったモン勝ちですね。




次は比較的最近作った作品です。 今期京アニ製作の人気アニメ「境界の彼方」より
栗山未来の血の剣と妖夢石

mirai_s7.jpg

材質は主にFRP製。妖夢石は発泡素材を溶剤で溶かして製作しています。
血が固まって剣になるので、全体的に液体感を出すため曲線を活かしたデザインにしています。

mirai_s6.jpg

mirai_2.jpg

製作にあたり特に難しい箇所はありませんが、ご覧の通り塗装がかなりくせ者です。
血の流動的な雰囲気を出すためにベースに黒を塗り、その上から一定の流れで濃い赤を塗装し、さらに濃い赤でグラデーションを入れクリアコートしています

mirai_s1.jpg

赤と言っても正確には「マルーン」に近いですね。色一つ取っても数色を配合したこだわったカラーで塗装しています。
一般的に木やボードなどで簡単に作ろうと思えばすぐできるシンプルな剣ですが、制服キャラのいわゆる制服コスはただでさえシンプルで仮装っぽさが出やすいので、安っぽいアイテムを持つことで仮装感が一段と強くなります。
このような色調にこだわったアイテムを一つ持つことで、全体的にも引き締まって「コスプレしてる!」というオーラを感じられると思います。 
不思議とそういうオーラは写真にも影響されるので、総合的にワンランク上の存在感が出せると思います。




綺麗系な武器が続きましたので、続いては原点に戻りガッツリ系武器で 戦国BASARA 「前田利家の三叉槍」です。

利家1

刃は主にFRPで細部はパテ等で成型、柄は塩ビパイプ等を使用しています。
柄には染めた紐を巻き付け、3分割に分解可能です。

利家s

刃の質感と滑らかな曲線、刃の肉厚感は当方の作品の特徴とも言えるポイントの一つです。
どの角度から見て戴いても崩れないシルエットはどんなポージングにおいても常に良い影響を演出します。
塗装はお馴染み自動車用ウレタン塗料ですが、非常に高価な特殊なアルミフレーク塗料で刃を描いてるので、光の反射でメッキのような輝きをします。

利家3

BASARAや無双シリーズ、ネオロマ系の武器は当方の原点でもあり得意分野でもありますので、定期的に息抜きに作りたくなってしまいます。
それらの趣味的作品の数々は地元でたまに行われる趣味の展示会などでご覧戴けます。




続いてはちょっと変化球でこういうモノも作りますよ。 北斗の拳 「ジャギのヘルメット
実は被り物系は得意分野でもあります。

b_s1.jpg

これを手にした人は必ずこう言います「オレの名を言ってみろ」と。これ以上のインパクトをもったキャラもそういませんね。
素材はヘッド部がFRP製、前面の仮面のような部分はABS製です。
別個に製作し、ある程度形になった時点でFRPで結合します。

b_s2.jpg

塗装はヘッド部分は艶消しブラックと、仮面部分は3分艶程度のゴールドで塗装しています。

b_05.jpg

アニメはあまり見ないという方や小さい子供さん、はたまたご年配の方から、がっつりヲタクの方まで
万人にウケるモノといえばガンダムに代表されますが、北斗の拳もなかなかの影響力がありますね。
中でも結局こういうわかりやすい被り物は特にウケがいいので、展示会等では人気があります。
デザインは公式のジャギヘルメットがあまりにカチッとしすぎて個人的に好きじゃなかったので、個人的に一番好きな頃の漫画の雰囲気で作りました。
良い意味での安っぽさと大雑把さがジャギのヘルメットの真髄だと思います。




そして次はちょっとアニメ系とは路線が違いますが・・・ こういう一風変わったリアル系アイテムも作ります。
ロックの神様として今なお熱烈なファンが多い「シド・ビシャス」 彼のトレンドマークとも言える南京錠のネックレスを特大サイズで作りました。
ちなみにこちらは友人への個人的な贈り物用に製作したモノです。

b_65s.jpg

材質は発泡スチロールで大まかな形を作った後、特殊な樹脂でコーティングしFRPで補強したCFRP(コンポジットFRP)で作っています。
実際に首にかけるくらい軽いです。

b_62s.jpg

ファンの方にはたまらないのではないでしょうか。
大きいのでインテリアとしてもなかなかお洒落です

b_61s.jpg

友人にも喜んで戴けてよかったです。




・・・・さて

久しぶりの更新ですのでもっと沢山の作例写真をご紹介したいところですが、
このままだとあまりに記事が長くなりそうですので今回はこの辺にさせて戴きますね。


気がつけば2013年も残り1ヶ月となりました。
毎年同じ事を言っている気がしますが、来年こそはもう少し頻繁に更新できるように
より多くの方に楽しんで戴けるようがんばりたいと思います。

お問い合わせ・ご相談は常時承っておりますが、事情によりご返信が送れることがございます。
しばらくたっても返信がない場合は、何らかの理由でメールが届いていないかご返信用アドレスに誤りがある可能性がございますので、
お手数ですが内容をご確認の上、再度ご連絡戴けますようお願い致します。

マイペースではございますが今後も製作活動は続けていきますので、今後ともご愛顧のほどよろしくお願い致します。

ヨシトミ製作所






最後に、操作を誤って消してしまった一つ前の記事の「フェイト・エクスカリバー」の画像を載せておきます。

18227642_1652267025_32large.jpg
A_19.jpg

A_20.jpg
A_18.jpg








スポンサーサイト

comment

ブログ管理人のみ

trackback

trackback_url

http://yositomi.blog60.fc2.com/tb.php/87-9cad41e4
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。