プロフィール

ヨシトミ製作所

Author:ヨシトミ製作所
本業の片手間に、趣味の範囲でやっているコスプレアイテム・撮影用武器小物のオーダーメイドショップ ヨシトミ製作所のブログです。
武器・小物などなど、コスプレに関する事なら何でもご相談ください。
製作に関するお問い合わせやご相談など、お気軽にどんどんコメントください。

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア




ヨシトミ製作所の正規HP ※現在作成中のため未稼働
山口県を拠点とするモデラー集団
”YMO”のHP


模型誌のライターもされてらっしゃる”をたるさん”のHP ブログもございます。


九州山口モデラーズミーティング


「空の日」でおなじみMFUのHP


CP戦士ぶちエージャー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヨシトミ製作所ブログ QRコード

QR

ブログ内検索

FC2カウンター



(c) ヨシトミ製作所
design by Echizen
photo by mizutama




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎度ありがとうございますヨシトミ製作所です。

まだ梅雨も明けず、本格的な夏でもないのに連日唸るような暑さが続いております。
今年もやっぱり昨年並みに猛暑になるのでしょうか・・
尚かつ今年は節電も常に考えなければなりませんし~
どうか皆様、暑さ対策を十分になされて、楽しいコスプレライフをお過ごしください。


さて 気がつけばあっという間にもう7月
最近では祖母の体調も随分と安定して、以前のようにあまり手は掛からなくなったのはいいのですが・・
今度は本業の方で、夏場に向けたショーカーの製作仕事が多く、これがまた非常に手間と時間を費やす仕事ですので、今なお製作活動に費やせる時間がまとまってとりにくい状況です。
しかし本業あっての製作活動なのでその辺はやむを得ません。
このところの騒動で 製作活動自体をやめたのですか? というメッセージをよく戴くのですが、活動自体は続けておりますのでご安心ください。


さてさて 私のつまらない近況報告はさておき・・
健在をアピールするためにも、久しぶりに作品紹介といきましょう!
今回はちょっとマニアックな作品になりますが、どうか最後までついてきてくださいね(笑)

SUBARU x GAINAX Animation Project 放課後のプレアデス より
魔法少女のスティック? 飛行器? すばるバージョンのご紹介です

放課後のプレアデス

放課後のプレアデスは、自動車メーカーのスバルとガイナックスが組んで制作したアニメで、youtubeでの動画配信のみという一風変わったアニメです。
スバルとガイナックスさんとでは全くの畑違いで何の共通点も無い気がしますが、どちらも物作りに対してとてもコダワリを持っている会社なので、その点では大いに共感できるものがあると思います。
私も及ばずながら物作りに対してはコダワリを持って作っているつもりですので、そういう面でも放っておけないアニメですね。

ちなみにこのスティック、起動すると「ぶぅ~ん」と、車のエンジン音がするのですが、それがなんか妙に音と絵が合ってなく無理矢理すぎて逆にツボです。 スバル側への配慮でしょうか。

全体
全長は測ってないけど全部組み合わせると3m近くになると思います。
ご覧の通り、私の家のリビングの天井ギリギリです。

毎度のことですが細かい設定はないので動画や画像を見て、あとはほとんどカンと想像で作っています。
これがまたシーンごとでデザインがことごとく違ったり、サイズもまちまちで形状を決定するのが一苦労でした。
しかし最近よく思うのですが、実は私はそーゆうふうに想像しながら作るのが好きなのかもしれません。
どうもガチガチの設定通りに作るといまいちテンションがあがりません・・

設定にはありませんが、接続部分には自動車パーツを意識してボルトのような演出をしてみました。

分解した状態分解した状態
7つのパーツに分解できます。
一応自動車業を長く営む者のこだわりとして、ロッド部は車のショックアブソーバーの形状を意識して作ってみました。
なんとなく車好きな人ならおわかり頂けると思います。

これだけ分割数が多いと問題になってくるのがセンターが狂ってくるということ。
まっすぐの棒も途中で切ることによって、切り口のわずかなズレや接続具の取り付けのズレなどで生じるわずかな誤差が最終的に大きな曲がりとなって現れてしまうという、よくありがちな現象です。
これは分割数が多ければ多いほどわかりやすくなります。
一見すごく簡単そうに思われますが、実は真っ直ぐに作るのは非常に難しいのです。
一般的にそれはやむを得ないという考え方が普通なようですが、私の場合性格上どうしてもそれがゆるせないので、上の画像でご覧頂けるように、どんなに分割数が多くても極力真っ直ぐに作るようこだわっています。

もし槍等の長物をお探しの方は、この辺を特に注意してみてください。
画像を妙に加工したり、部分部分の写真しか撮ってないような所には、全体を真っ直ぐ撮った写真を見せてくださいと言った方がいいでしょうね。
エンド部
エンド部
急に背景が畳の間になったのは気にしないでください。
この大きさの物が、ガラクタが写り込まずに撮影できるスペースがこの部屋しかなかったのです・・

実際には十字架状の光線を噴射して空を飛んだりしているのですが、さすがにそんな芸当は出来ないので、なんとなく光っぽい塗装で演出してみました。
メタリックの下地に透明度の高いイエロー、最後に干渉のブルーパールを塗装しているので、イエローだけど反射で青白く見えます。

先端部
先端部
この武器の、最も重要で最も難しい箇所です。
とにかく細い軸に大きなパーツの負荷が乗っかるので、軸受け部には相当な強度が必要になります。
私自身この構造にどれだけの強度があるのかまだわからないので、この試作品である程度耐久テストをしています。
実際に安心できる強度が得られるまでは、一応現状ではまだこの作品をお譲りするのは控えようと思います。

先端部の材質は主にFRPですが、軸にかかる負担を軽くするため極限までFRPの積層を薄くしています。
その為強度的には少し心配が残りますが、落としさえしなければ大丈夫です。

イメージ写真
おそらく誰もわからないとは思いますが、一応スバルに敬意を表してシルバーの部分は実際のスバル車のシルバーで塗装しています。 小さなこだわりです。
先端両サイドのヘッドライトを意識したような物は薄いABSの板で作っています。


水平対向エンジンというこだわりとコアなファンを持つスバルと同じくこだわりとコアなファンに支えられ名実共にアニメ界をリードするガイナックス
こーゆう職種の枠を超えた繋がりってなかなか面白いですね。

それにしても、車なんてちっとも出てこないのによくOKしましたねスバルさん
仕事柄スバルの営業の方とかよく来られるのですが、そんなの初めて聞きましたって言ってました(笑)

どうせだから昨今の痛車ブームに乗っかって、「プレアデス痛車仕様」とか出せばいいのに。

スポンサーサイト

comment

ブログ管理人のみ

trackback

trackback_url

http://yositomi.blog60.fc2.com/tb.php/83-4cbc92f8
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。