プロフィール

ヨシトミ製作所

Author:ヨシトミ製作所
本業の片手間に、趣味の範囲でやっているコスプレアイテム・撮影用武器小物のオーダーメイドショップ ヨシトミ製作所のブログです。
武器・小物などなど、コスプレに関する事なら何でもご相談ください。
製作に関するお問い合わせやご相談など、お気軽にどんどんコメントください。

カテゴリー

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア




ヨシトミ製作所の正規HP ※現在作成中のため未稼働
山口県を拠点とするモデラー集団
”YMO”のHP


模型誌のライターもされてらっしゃる”をたるさん”のHP ブログもございます。


九州山口モデラーズミーティング


「空の日」でおなじみMFUのHP


CP戦士ぶちエージャー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ヨシトミ製作所ブログ QRコード

QR

ブログ内検索

FC2カウンター



(c) ヨシトミ製作所
design by Echizen
photo by mizutama




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末は何かと慌ただしくて忙しいですね。 
今年も残すところあとわずか。まぁその前にクリスマスがやってきますが、皆様どのようにお過ごしでしょうか? 恋人と素敵な時間を過ごしたり、友人達とパーティーをしたり、コスプレイベントに行ったりと過ごし方は人それぞれでしょうが、一人で黙々と製作作業をして過ごすのはちょっと寂しいのでそれだけは避けたいと思います。

今回ご紹介するご依頼品は「ディシディアファイナルファンタジー」 ジダンの剣と鞘です。
ディシディアファイナルファンタジーはファイナルファンタジー 20周年記念作品としてPSPで登場する現時点ではまだ発売日未定のゲームで、歴代のFFシリーズにでてきたキャラが一堂に会するアクションゲームだそうです。
ご依頼いただいたのはFFⅨにでてくるジダン・トライバルのディシディアファイナルファンタジー版の剣と鞘です。

FFD.jpg

発売前の作品はなんと言っても資料が少ないのが一番の難点ですね。
先取りコスなどされる方たちってホントすごいと思います・・・
この作品も例外なく資料がなくて、ゲーム雑誌に取り上げられていた小さなキャラデザイン画の記事を元に、あとはカンでつじつまを合わせて作りました
FFD3.jpg

一応鞘らしいですが、どう考えてもこの形の剣が2本なんて入るはずがありません。
とりあえずここは機能性よりも絵に忠実に作る方を選びます。
FFD1.jpg
合体した図。
ワンタッチとはいきませんがネジ式で容易に合体できます。
FFD2.jpg
グリップの形状が左右違うところが面白いですね。

ファイナルファンタジーというと個人的にはファミコン版Ⅰ、Ⅱ、Ⅲが大好きで、新しい作品はあまり興味がなかったのですが、こうやって制作してみると興味が湧いてきますね。
ディシディアファイナルファンタジーも機会があれば是非やってみたいと思います。
あ PSPもってないや・・・
スポンサーサイト
最近個人的な趣味の作品ばかりご紹介していたので、
ここらで軌道修正して真面目にご依頼品の作品紹介をします。

全体

遙かなる時空の中で3 ヒノエの武器(名称不明)の試作品です。
刃と手甲の部分は分割式になります。

手甲にあたる部分の材質は主にFRPですが、刃の部分は私にしては珍しく木材(MDF材)を使用しています。
といってもベース材がMDFなだけで、その上からアルミパテで整形し下地処理をしているので、ご覧の通り材質の質感は全く現れません。

塗装は穴が空くほど設定資料集の絵を見て考えた挙げ句、この色に行き着きました。 
ヒノエの武器はデザイン自体がシンプルなので、作っている業者も多く、また自分で作ろうと思えば作れない物でもなさそうなので、いかに他との違いを表せるか・より品位ある仕上がりにできるか という事に重点を置いて考えてこの漆塗りのような仕上がりの色で制作しました。

模様部分
模様は数種類のゴールドでグラデーションっぽく入れてみました。
手甲の部分はフチの色を変えるべきか悩みましたが、あえて同色にして極微量のメタリックを混ぜたクリアを全体にたっぷりと塗装し、見る角度とフチの段差によって自然と色が違って見えるようにしました。
これによりぱっと見の一体感が増しぐんと武器っぽくなったと思います。

それにしても、見れば見るほど役に立ちそうにない武器ですね。
斬るのが目的なのか刺すのが目的なのか・・・
そんな非現実的なところがいいところなんですけどね。

非現実的なコトを現実に変えてしまう
コスプレって本当に素晴らしい文化だと思います。

麻生太郎さんが総理大臣になった暁には、是非公共の行事としてコスプレイベントをやってほしいですね。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。